なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    387,608円

  • ETHETH

    10,015円

  • ETCETC

    440.84円

  • LTCLTC

    2,714.3円

  • BCHBCH

    11,598円

  • XRPXRP

    33.888円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    8.0192円

分散型取引所のメリットと将来性

はじめに

2008年にサトシナカモト氏によって発表されたビットコインの概念は、2008年の金融危機に端を発しており、政府や主要銀行の不必要な介入や度重なる不祥事を避け、独立ノードの検証システムの確立による透明な取引決済と金融システムを実現することが目的です。

一方で、ICO(Initial Coin Offering)により1000種類を超える仮想通貨が誕生した現状では、主にその台帳規格の違いから、当初は中央管理の取引所を利用する必要があります。

第三者機関を排除する目的で通貨の取引を行うはずが、中央管理の取引所を頼る必要があるという本末転倒な事態になっています。

また、個人どうしで取引するのではなく、そういった第三者機関を仲介することにメリットも存在しますが、多くのデメリットが顕在化しており、問題となっているのも事実です。

現状

リスク

ブロックチェーン市場が成長し新たな仮想通貨が誕生するうちに、通貨やトークン間での両替や交換への需要が高まっています。

イーサリアムとビットコインに至っては一日で数億ドルの流通があります。

しかしながら、分散化されトラストレスな仮想通貨を取引するものの、取引所により中央管理された取引は、内部詐欺や外部ハッキングの脆弱性に晒されています。

実際に、多くの取引所でのハッキング被害やテザー問題など、信頼を揺るがす事件は度々生じています。

インスタント交換の欠如

中央管理型の取引も分散化された取引も、通貨資産を引き出すのに数分の待ち時間が必要になります。

通貨によってはトランザクションに長く時間がかかってしまい、スケーラビリティの拡大とともに深刻な問題となります。

分散化された取引所の問題

分散型取引所を設計することの探求は、イーサリアムネットワークで始動しました。

これらは、ユーザーのオーダーブックをオンチェーン上に置かないとおけません。そのために、入札済みの注文をキャンセルしたり調整したりするのに大きな手数料がかかってしまいます。

初期の解決策として、オフラインで交渉過程や適切価格の発見を行う方法がありましたが、分散型でトラストレスな取引においてはオンチェーンのみであり、注文内容の書き換えやより最適な価格での売買チャンスを逃してしまうために可能性は低いという結論に達してします。

技術的な問題

通貨の直接的な交換を可能にするアトミックスワップでは、似たような特徴の通貨どうしでは比較的容易に実装できますが、異なる場合は非常に難しいという問題があり、そのために第三者機関を仲介しています。

イーサリアム系のERC20互換や、ビットコインからのフォークや、特定の通貨のコードを参考にしてフォークした場合などが可能な例です。

P2P取引

これらの問題が顕在化している今、第三者の仲介を排除し、本来の目指す形であるトラストレスで分散化された取引を実現させようとする基調が高まっています。

分散型取引所は、トラストレスで直接的な取引を可能にするプラットフォームで、中央管理者が存在しないので、様々なリスクが解消され、以下のようなメリットが存在します。

スケール可能

注文は個人のパーティ間で送信され、完全に満たす保障なしで公共の取引を注文することと対比して行われます。

注文元帳を一定の発生間隔でキャンセルされる一方で、興味を示したパーティを提供するので、P2P注文は成立します。

加えて、P2Pの供給と需要のマッチングは、オン・オフチェーンであるかどうかに関わらず高価なアルゴリズムマッチメイキングに反して、軽いピアー探索を提供することができ、ネットワーク負荷も軽量で済みます。

プライベート

一度パーティがお互いに取引することを選択するので、第三者は交渉する必要がありません。

パーティ間のコミュニケーションは、交渉の継続がプライベートであり、注文リクエストを実行するほかのパーティの参加機会をなくします。

注文交渉が成立した時だけ、ブロックチェーン元帳に記録されます。

公平さ

注文がふたつのパーティ間で直接作成され送信されるので、第三者は仲介手数料を得ることはできません。

複数の独立したパーティと同一のプラットフォームで取引することで、ユーザーは以前の取引において達成されるであろうことよりも同等かそれ以上のメリットを得ることができます。

加えて、価格設定注文は、遅延なしで自動の取引戦略によってアドバンテージを得られることの恐怖なしで積極的に行うことが可能です。

分散型取引所の例とアプローチ

0x(ゼロエックス)

0xでは、RelayerによるOrderbookのオフチェーン管理、オンチェーンでのスマートコントラクト契約というアプローチをとります。

取引所ではなくリレイヤーによるオフチェーン管理という形態を採用することで、カウンターパーティリスクや法規制による制限、セキュリティ面を解消しますが、0xプラットフォーム上でのプロジェクトのひとつを例にとると、Maker手数料0.45%Taker手数料0.7%であり、実用化には遠いのが現状です。

取引所のメリットとして規模の経済による流動性の側面が乗り越えられません。

仮想通貨0x(ゼロエックス)とは?

airsawap(エアースワップ)

イーサリアム系の通貨にのみ、対応します。

オフチェーンの契約交渉、注文成立時にオンチェーンでスマート契約で自動成立し、トランザクションとして記録されるアプローチをとります。

オラクルという外部APIが、価格情報を提供し、適切な価格交渉や取引経験をサポートします。

bancor(バンコール)

流動性の促進を目的にしており、数式により適切な価格の自動決定とスマート契約によりP2P取引を可能にするアプローチを取ります。

トークン発行者の保有するトークン量と時価総額によって、変動します。

ほかにも、トークンリレーやトークンバスケットなどを併用することで、より柔軟に拡張して、資産の流動性を高めることができます。

対応通貨は、Kin、Dragonchain、EOS、Bancor、Binancecoin、Decentraland、Status、Stormなどです。

KyberNetwork(カイバーネットワーク)

Reserve Warehouseという、複数のマネージャーによる複数の準備高を共有してひとつにまとめ、より大きく様々なソースを使用できるようにすることで、流動性を高めます。

カイバーネットワーク契約により、準備高から読み込んだ交換レートを使用します。

対応通貨は、Ethereum、Omisego、Basic attention token、Enigma、Salt、Elf、Decentralamd、Zilliqaなどです。

Kyber Network(カイバーネットワーク)とは?

P2P取引の将来性

価格交渉

これまでの板注文ではなく、直接的な取引交渉を行うので、第三者機関の仲介費用を削減することができるので、お互いにメリットが生じますが、いくらで交渉成立するか決めるのは難しいところです。

取引経験や円滑な交渉成立のために、airswapのようにオラクルを採用するのはいいかもしれません。

もしくは、価格設定プロトコルを採用するKyberNetworkやBancorもいいかもしれません。

流動性

分散型取引所は、非営利組織ではないので、収益を上げることは目的ではありません。

しかしながら、0xやKyberNetworkはオーダーブックのオフチェーン中央管理やマネージャーによる準備高の拠出という形態をとります。

0xでは管理報酬、Kybernetworkではスプレッド収益となります。

P2P取引では、第三者機関はプラットフォームを提供するのみで、売るユーザーも買うユーザーも当事者になります。

トラストレスで分散化された取引が普及するには、取引所のようにより流動性を高めることが必要で、bancorやKybernetworkのようなアプローチが良い方向性だと考えられます。

対応通貨

基本的にはイーサリアム系のERC20互換に対応したサービスが普及すると考えられます。

すべての通貨に対応するのではなく、そういった限定性のもとでも交換が可能になれば、安全性や価格面でメリットが得られるはずです。

まとめ

多くの問題が顕在化しつつある中で、分散型取引所による直接的な取引の必要性が高まっています。

すでにP2P取引を目指すプロジェクトは多くあり、方向性を探っています。

今後より普及が進むことが期待される分野のひとつです。

参照

0x 公式

https://0xproject.com/

airswap 公式

https://www.airswap.io

bancor 公式

https://www.bancor.network/discover

KyberNetwork 公式

https://kyber.network/

DEX(分散型取引所)とは?EtherDelta・KyberNetwork・Bancor・0xを比較してみた!

https://bitcoin-yoro.com/altcoin/dex