なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    387,608円

  • ETHETH

    10,015円

  • ETCETC

    440.84円

  • LTCLTC

    2,714.3円

  • BCHBCH

    11,598円

  • XRPXRP

    33.888円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    8.0192円

仮想通貨を使った詐欺!~ICO編~

2017年頃から、仮想通貨の普及率は急上昇しました。気軽に始められるサービスが普及されたことで、今まで仮想通貨を知らなかった方々も簡単に仮想通貨投資へ参加するようになったことが要因の一つであると思います。

そして、仮想通貨投資の情報を集めることで、ICOなどの投資案件を知り、参加を試みる方も少なくないでしょう。実際、2017年にはICOが仮想通貨の業界の中ではブームとなりました。

しかし注目が集まったことから、悪意のある方法で、仮想通貨を使った違法なお金儲けをしようとする人が増えたことも事実です。ICOによる詐欺事件は現在でも多数起こっています。気軽に始め、知識の少ないユーザーが増えたために、詐欺の被害者が多いことも一因としてあるでしょう。

それでは、詐欺に遭わないようにするためには、一体どの様に対策すれば良いのでしょうか。

今回の本記事では、よくある詐欺パターンと、これまでに実際に起こったICOの詐欺事例を紹介します。このような情報を把握することで、今後ICOの詐欺による被害に遭う危険を、回避できる確率が上がると思われます。

よくあるICOの詐欺パターン

ICOを使った詐欺には、いくつかの特徴があることが多いです。これからご紹介するパターンを把握しておくことで、詐欺に遭う確率を下げることが可能です。しかし必ずしもこの以下の点に注意すれば、詐欺に遭わないというわけではありませんので、ご注意ください。

① 代理店による販売

よくあるパターンとして、代理店として通貨を販売する詐欺があります。「国内ではまだあまり知られていないけど、海外では人気のあるコインを販売している。」などと謳っているパターンです。このような特徴のあるものは最初から疑ってみてください。

理由としては簡単です。仮想通貨は仲介する機関を通さないことでコストを下げることができる、という前提があるからです。このような代理店を作ってしまったら、仮想通貨を利用するメリットが、非常に薄くなってしまいます。仮想通貨は、インターネットを使うことで容易に購入することが可能ですし、このようなことをする必要がありません。

よってこのような謳い文句を見ることがあったら、第一に詐欺だと思ってください。

②価格保証、買い取り保証

価格保証買い取り保証を謳っている詐欺ICO案件も存在します。

まず価格保証についてですが、こちらは購入したコインに対して、1コインいくら以上といった保証があるパターンです。こちらは証券取引では完全に違法行為となっています。過去に証券会社による悪質な営業の被害が遭ったことから、証券取引法によって、価格の保証は禁止されています。

仮想通貨の法整備は、整っていないため、禁止ではありませんが、価格の保証があったら明らかに怪しいです。「絶対に儲かる」などと言っている場合は非常に怪しいです金融にかかわるものには、値動きの危険性があると、説明し理解してもらわなければいけないと決まっています。

買い取り保証についてですが、こちらは本当に返金されることがあり、安心感を植え付けられてしまうことが多いです。本当に返金された人がいることで、その噂が広がり、被害の拡大が起こります。実際に返金があった例がある場合にも、詐欺師たちの利益が残る範囲内でしかされません。仮想通貨には元手がかかるものではないので、一定の範囲内であれば、返金に応じても損にはならないためにこういったことが起こります。

③所持しているだけで配当が発生する

配当が発生する案件にも詐欺事例が多くみられます。

月に何%の月利を支払う、というように配当が設定されており、実際に最初の数か月は支払われることが多いです。実際に月利が支払われた、という利用者の噂が広がり、更なる参加者を集めるためです。しばらくすると、もっともらしい理由をつけ、配当は支払われなくなります。所持しているだけで、配当が発生する、というICO案件には注意が必要です。もちろんちゃんと支払いが続くものもありますが、それらしい理由を付け、配当をすると謳っている通貨にも詐欺案件は非常に多いです。

ほとんどの有名な通貨は、配当などしなくても、ちゃんと発展し続けています。怪しいと考えてもらった方が賢明です。

④友人やセミナーによる勧誘

勧誘による投資詐欺は、投資の世界には非常に多いです。

詐欺であることを把握し、セミナーや人を遣い、勧誘を行う、悪意の強い詐欺です。このような場合、勧誘している人にはいくらかの、報酬が入るパターンが多く、勧誘をしている人の中には、詐欺だと知らずに広めている人も少なくありません。

仮想通貨に限らず、セミナーや人づてに購入を進めてくるものは、詐欺である可能性が非常に高いため、購入や拡散をしないように注意してください。

⑤最低購入価格

購入に当たって、最低価格が定められている案件の中には、詐欺であるものが多いです。

数万円~購入が可能、というパターンが多いです。仮想通貨は、数万円から購入する人が多く、また数万円であれば、詐欺だとわかっても諦めてしまう人も多いです。それにこのくらいの金額に設定しておけば、欺師側もある程度の利益も得ることができるからです。

正当な通貨であれば、ごく少額から購入が可能です。有名なビットコインやイーサリアムなどでも10円単位から購入することができます。10円単位から購入する人はあまりいないと思いますが、購入に当たり最低価格が定められている通貨には、詐欺である可能性を疑ってください。

⑥有名人のイベント参加や、名前の記載

有名人の名前や、写真を出して宣伝している詐欺案件も少なくありません。

普通の人は、有名人に対し確認をとることはできないので、どんなに大きく名前や写真を載せてもなかなかバレないことが多いです。また参加者が有名人と一緒に写っている写真を目の当たりにしたりすると、信じてしまうと思いますが、昨今では比較的簡単に写真を撮ることも可能ですし、精巧な合成写真などである可能性もあり得ます。

仮想通貨は、海外開発されることが多いため、有名人本人が自身の情報が悪用されていることに気付くことが中々ないのです。

⑦限定販売

日本、または特別な許可が必要で、この場だけでの限定販売先行販売というパターンは詐欺です。

ICOは通常インターネットによって全世界同時に販売され、誰でも特別な許可なしに購入することが可能です。そもそも特別な許可や、限定販売をするメリットなどありません。多くの人に購入してもらった方がいいに決まっています。このような台詞を聞いたら、ほぼ間違いなく詐欺だと考えてよいでしょう。

以上のような特徴を捉えておくことで、確実ではありませんが、ICOによる詐欺に引っ掛かる可能性はグッと低くなるでしょう

ビットコインイーサリアムなどの有名な通貨はどの条件にも当てはまっていません。逆に詐欺が発覚した通貨にはどれかしらの条件が当てはまります。

詐欺をしている側も実際にある程度の知識を持ち、もっともらしいことを言ってくるものなのです。そのため、確実に詐欺に遭わないためには、仮想通貨の情報について学び、知識を蓄えておく必要があるでしょう。

少しでもおかしいという点を見つけることが、詐欺に遭わないために大切であると言えます。

実際にあった詐欺事例

ノアコイン

ノアコインでは、フィリピンと日本を「希望の橋」で繋ぐために、フィリピン政府の許可を得たものであると発表され、大変注目されていましたが、実際にはフィリピン政府の関与はありませんでした。

また、フィリピン航空との提携や、フィリピン政財界の大物である「ルシオ・タン」氏からの協力があるなどと発表していましたが、こちらも無関係であると発覚しました。

信頼を失ったノアコインは、返金騒動へと発展し、返金を開始する事態となりました。「政府の許可を得ている」といった謳い文句には注意が必要です。

クローバーコイン

不当勧誘で、消費者庁と国税庁によって全額返金が告知されました。紹介した相手が購入した金額の、6割のクローバーコインを支払う、といったねずみ講方式の勧誘だったそうです。その原因となる詐欺セミナーの参加者は、1000人を超える規模だったそうです。このときに代表者である中田義弘氏は、ビットコインやイーサリアム、リップルを初めて日本に持ち込んだ人物であると発表していたようですが、仮想上の通貨を日本に持ち込むなどという概念がそもそもおかしなことです。

コンフィド

コンフィドICOで約347,000ドルを調達した直後に、プロジェクトを中止した詐欺といわれる案件です。本来詐欺ではなかったのかもしれませんが、プロジェクトが失敗し、詐欺となってしまうこともあります。

ICOに参加する際には、プロジェクトの内容や、通貨としての性能、価格などにも注意することが必要です。信頼できる内容であるかどうかを考えずに購入してしまうと、詐欺ではなかったとしても、大きく損をすることになりかねません。こちらは、仮想通貨取引所「クーコイン」によって、1CFD0.0000038BTCで買い取る、という補償をされています。

ICOを使った詐欺に引っ掛からないためのポイント

①ICOのリストをまとめたサイトを見る

ICOについて調べていると、情報をまとめ、説明がされているサイトが多く存在しています。もちろん信頼できるサイトかどうかの見極めは大切ですが、購入前にはこういったサイトから情報を集めることも大切です。一つ一つのサイトの情報を比較し、検討した上で購入するようにしましょう。

②関心を持ったICOSlackや、Telegramを見る

SlackTelegramを見ることは、関心を持ったICOがどれだけ正しく活動しているものなのかを確認する要素となります。これだけでは安心とは言えませんが、見ておくに越したことはないでしょう。どんな情報でも自分から得にいかなければなりません。

③Bitcointalkなどから意見を見る

Bitcointalkでは、他の人が対象のICOに対し、どんな意見をもっているのか確認することができます。人によって意見はまるで違うと思うので、判断は難しいかもしれませんが、あまりに評判の悪い案件は避けた方が無難だと言えるでしょう。他にも各サイトのチャットなども確認してみてもいいかもしれません。

④社会にとって、どれほど価値のあるものなのか確認する

ICOの掲げるプロジェクトや、通貨の性能が、社会にとってどれだけ価値のあるものであるかは、重要です。世間的に明らかに不必要であるプロジェクトや通貨では、怪しい案件である可能性は高くなりますし、たとえ詐欺ではなかったとしても破綻する可能性は非常に高いと言えます。

⑤ホワイトペーパーをしっかりと読む

仮想通貨の勉強をしていないと、ホワイトペーパーの情報は難しく感じるかもしれませんし、億劫に思うかもしれませんが、こちらの完読は必須です。関心を持ったICOが掲げている理念や、通貨価値などの大切な情報が集まった重要な情報源です。むしろホワイトペーパーの内容が理解できないようであれば、その案件への投資は中止したほうが無難かもしれません。

最後に

ICOによる詐欺は現在も後を絶ちません。それは被害に遭う人々の数が多いからです。ICOによる詐欺を止めるためには、一刻も早く法整備されることが確実ではありますが、それを待っていては、詐欺の被害者は増える一方です。ICOによる詐欺を減らすためには、一人一人が情報収集を怠らず、詐欺に遭わないようにすることが大切です。

かと言って、せっかく仮想通貨の世界に触れているのだから、怖がって参加しないのも勿体無いと感じます。自分から情報を得に行き、理論武装をしておけば、ICOは怖いものではなく、とても魅力的なものに見えるでしょう。皆様がたくさんの情報を得て、有意義な投資を行うことができるよう、筆者は願っております。