なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    371,419円

  • ETHETH

    9,831.8円

  • ETCETC

    422.48円

  • LTCLTC

    2,932.8円

  • BCHBCH

    9,276.3円

  • XRPXRP

    32.874円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9430円

仮想通貨の送金方法・かかる時間

仮想通貨本来の目的

仮想通貨の本来の目的をみなさんはご存知でしょうか。今では、自分の資産を増やすため取引をする道具の一部の様に感じますが、仮想通貨の本来の目的は別にあるのです。

仮想通貨には、ビットコインを始め、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ネムなど数多く存在しています。また、ここに書いてある仮想通貨は聞いたことがある人が多いかと思いますが、あくまで「取引所で取り扱っている仮想通貨」なだけであって、取引所で取り扱っていない仮想通貨も大量に存在しています。その数はなんと1600個以上と言われています。有名掲示板発祥のモナコインという通貨もあります。

仮想通貨の目的は、資産を増やす取引をするためではないのです。おそらく多くの方が仮想通貨に抱かれる印象が、上記の様な事だと思います。仮想通貨の本来の目的は、実は通貨ごとによって異なっています。いくつかご紹介していきましょう。

ビットコインの目的

仮想通貨の生みの親であるビットコインは、サトシ・ナカモト氏という人物によって発表された論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」が元になっています。

そもそもサトシ・ナカモト氏がどういう人物なのか全くわかっていません。そもそも日本人なのか、個人なのか、集団なのか、素性は全く知られておりません。サトシ・ナカモト氏のビットコインの保有数は、100万BTCと言われており、約1兆円の財産があると言われております。ただ、全てを売却するとビットコインの価値が大幅に下落するため、資産価値は少し下がります。それにしても多くの資産を保有していることに代わりはありません。

このサトシ・ナカモト氏が作ったビットコインですが、本来の目的は、「今までの通貨制度を変えるため」だそうです。

通常今までの経済の仕組みというものは、政府が発行した通貨を中央銀行(日本でいうところの日本銀行)が管理するという仕組みです。これは、個人と個人がお金のやり取りをする際でも、中央銀行が定めた枠の中で取引を行うため、手数料が取られていました。この手数料は、やりとりする金額が増えるにつれて、多くなっていくため、それを疑問視していたサトシ・ナカモト氏がビットコインを開発しました。

ビットコインは、個人間の金銭のやりとりに手数料極力をかけないため、第三者を介さないで送受金ができる仕組みになっています。マイニングというネットワーク上で計算してくる人が無数に存在しているため、中央銀行が存在していなくても成り立つ仕組みなのです。

リップルの目的

ビットコインとはまた違った目的がリップルにはあります。リップルは「銀行間取引で従来より迅速かつ安い手数料での送金が可能で、決済のシステムがビットコインより早く数秒で完結」というサービスを総称してリップルといいます。

リップルのの具体的な目的は2つあります。1つは、ビットコインの弱点を補うこと。もう1つは、「日本円⇨アメリカドル」に両替するとき、「日本円⇨リップル⇨アメリカドル」にすることで、手数料を限りなく0に近づけていくという目的があります。

Googleが出資したり、三菱UFJ銀行がリップルネットワークを使い、国際送金を行うなど様々な企業から注目を集めている仮想通貨なのです。

仮想通貨の送金方法

仮想通貨の送受金は、基本的に各取引所を介して送受金することになります。自分から誰かにビットコインなどの仮想通貨をあげたい時や、自身が保有する別の口座に移したりするときに送受金を使います。当たり前ですが、仮想通貨の送受金は銀行のATMの様な所にいく必要はなく、ネット環境さえあれば簡単に行うことができます。

bitFlyerの場合

多くの方が使用しているbitflyerを例に送金方法を挙げてみます。

①bitFlyerの画面左タブから「入出金」を選択

②送金する通貨を選択し、「ラベル」と「ビットコインキャッシュアドレス」、「送付数量」、「優先度」を選択。基本的に大急ぎではない場合は「普通」のままで大丈夫です。

③「ビットコインを外部アドレスに送付する」を選択すれば完了です。

ビットコインをはじめとした仮想通貨には手数料が発生します。

ビットコインの場合、0.0004BTCなので、1BTC=100万だと、400円ほどになります。これが通常の出金にかかる手数料で、先ほどの優先度を0.0001~0.0005BTC(100円〜500円)あげる事によって、着金のスピードがあがる仕組みです。

ここで気をつけていただきたいのは、本来の出金手数料と優先度の手数料は別物になります。ですので、通常の出金に加え、優先度を最高にすると1000円ほどの手数料がかかりますので、ご注意ください。

仮想通貨の送金にかかる時間

時間がかからないイメージのある仮想通貨ですが、実はそうでもありません。例えば、ビットコインを他の口座に送金するとき、数時間〜数日、酷い時で一週間前後の時間を要するのです

リップルやイーサリアムなどのアルトコインは、ビットコインと比べ送金時間は大幅に短縮されます。主要アルトコインの送金時間は平均で10分〜20分ほどです。

また、アルトコインは手数料も安く、送金時間も優れているので、送金の際は「ビットコイン⇨アルトコイン⇨送金⇨アルトコイン⇨ビットコイン」など、手間がかかりますが、アルトコインを介すのも一つの手段です。

アルトコインの中でも先ほど紹介したリップルは、特に送金に優れており、早いときは数秒、数分で手続きが完了し、送金されます。また、取引手数料も0.15リップルと、なんと破格の11円です。これほどまでに手数料に差が出てしまうのです。

なぜビットコインはすぐ着金しないのか

なぜ、ビットコインはアルトコインと比べ、すぐ着金しないのか。原因はいくつかありますが、最大の要因は「取引扱い量の多さ」にあります。仮想通貨の中でメジャーになりすぎたビットコインは日本だけではなく世界各地の様々なところで取引されています。日本国内だけで約1000万のビットコインが毎日様々な取引所を行き来しているのです。

仮想通貨には、先ほども挙げた中央管理者という人間(組織)がいません。そのため、ビットコインの送金を管理する台帳の様なものが必要になってきます。コインの送金処理や発掘と言われる作業をすることをマイニングといい、ネットワーク上で全て行われています。この作業を行う人のことをマイナーと呼びます。

このマイニングの作業が遅延している。つまり、送金詰まりしていることこそが現在のビットコインの送金速度が遅い最大の理由です。現在のビットコインの流通量が多すぎて、それを台帳に記入するマイナーと呼ばれる人が圧倒的に足りていません。

マイニングは人間の手を借りるわけではないので、やることは簡単です。しかし、本格的にマイニングという作業をするには、サーバ級のパソコンや、冷却設備等が必要になってくるのです。

よって、ビットコインの送金速度を上げるためには、このマイナーと呼ばれる人を増やし、マイニングの作業量を増やす必要があるのです

ビットコインが遅いのはトランザクションが原因

ビットコインの送金が特に遅い原因として、通貨によってトランザクションスピードなどが異なることもあげれれます。そもそも、トランザクションとは、「取引」のことを指しており、コインによってトランザクションの回数が決められております。以下の表をご覧ください。

上記の表を見ていただければ、ビットコインのトランザクション回数の少なさがわかるかと思います。日本国内で毎月約2000万BTCが売買されているのに対し、このトランザクションの少なさが際立ちます。徐々に他の通貨で送金する方が増えたこともあり、流れはスムーズになっていますが、リップルのトランザクション回数にはまだまだ及ばないのが現状です。

着金しないときの対処法

仮想通貨を送金したけれど、なかなか着金しないときはいくつかの原因が考えられます。

送金詰まりを起こしているとき

送ったアドレスが間違っている

が大きな原因として考えられます。送金詰まりを起こしているときは、辛抱強く待つか、あんまりに遅いようでしたら送金元のサポートに連絡してください。

送ったアドレスが間違っているときは一番厄介です。絶対に戻ってきません。コインは遥か彼方亜空間に飛んでいってしまいますので、絶対に気をつけてください。

仮想通貨送金のメリット・デメリット

メリット

・24時間365日対応しているため、銀行等を経由しなくても取引が可能

・ネットワークで繋がっているため、国内外でのやりとりが非常にスムーズ

・手数料が銀行等に比べ割安になる場合が多く、頻繁な取引をされる方に向いている

デメリット

・ビットコインなどのメジャーなコインはマイニング不足により送金詰まりを起こす可能性があり、着金までに相当の時間がかかることがある。

送り先を間違えたら終わり。二度と返ってこない。

・銀行等に比べ、セキュリティに不安な取引所がまだ多いため、注意が必要。

仮想通貨の送受金は、相手側が口座を保有していた場合は非常にスムーズにやりとりができます。特に国外の相手とやりとりをする場合は余計な手間や手数料を無くして取引ができます。日本の銀行の休業日と、海外の銀行の休業日は違います。そういったことも考える必要がなくなるのです。

しかしながら、送り先を間違えたりないように気をつけることと、時と場合とコインによって送金のスピードが非常に遅くなりますので、そのことにつきましては留意が必要です。

まとめ

仮想通貨の送金方法・かかる時間についておわかりいただけましたでしょうか。ビットコインの送金時間は意外と速くない、それどころかすごく遅いのですしかし、アルトコインを用いればスピーディーに送受金することができます

送金は必ずしもビットコインが優れているわけではありません。送金をお考えの際はイーサリアムやリップルなどのアルトコインも視野に入れてみてはいかがでしょうか。