なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    1,180,003円

  • ETHETH

    25,150円

  • ETCETC

    678.85円

  • LTCLTC

    11,169円

  • BCHBCH

    36,035円

  • XRPXRP

    36.348円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    7.5747円

最近よく聞く「ICO」とは?「ICO」の概要をわかりやすく解説します

仮想通貨投資をするにあたって、情報収集に時間をかけるようになる方は少なくないと思います。各通貨のイベントや、アップデート情報など、重要な情報を手にすることは、投資で勝つためには重要なファクターとなってきます。

では、情報収集していく中で「ICO」や「HYIP」などといった単語を目にしたことはありませんか。こちらは仮想通貨投資の手段の一つと考えていただいて良いでしょう。しかしながら、わからないものには手を出しにくいでしょうし、未だチャレンジしたことがない人も少なくないのではないでしょうか。「怖い」「怪しい」と思われやすく、事実怪しいものも多く存在しています。

では、今回はこの「ICO」について、わかりやすく説明していきたいと思います。今まで興味はあったけど中々始める勇気が出なかった方・ICOという言葉を初めて聞く方も、本記事をお読みいただきぜひICOを理解・検討してみてください。

仮想通貨における各種投資手段

「ICO」を含め、仮想通貨にはいくつもの投資手段がありますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。一概に「ICO」といっても更にその中で違いもあります。そのためここからはまず各投資手段について軽く説明させて頂きます。その後「ICO」について説明し、比較などもしながら説明していきたいと思います。

1.キャピタルゲインとインカムゲイン

仮想通貨における投資手段には様々ありますが、実は大きく二分することができます。これは仮想通貨投資においてのみではなく、全く別の投資でも共通していることです。

大きく分けた一つ目の投資手段は「キャピタルゲイン」。こちらのお話は単純に言えば、「安く買って、高く売る」、資産の売買によって儲ける方法です。とても単純な話で、かつ大きな利益を得られる方法となりますが、価格変動の影響を大きく受けやすくなるため、ハイリスクハイリターンな手段になりがちです。

そして二つ目の手段、「インカムゲイン」。こちらは資産を保有することで得られる定期的な安定利益のことです。例えば、株式の配当金や債券の利息などはこちらに当てはまるものになります。保有している額や期間によって変わりますが、キャピタルゲインと比べ、ローリスクな手段となります。しかし経済環境や相場環境によって変化するため、配当金や利息にも変化が起こることもあり、注意が必要です。

この二つの手段を仮想通貨に当てはめて考えてみましょう。まず、キャピタルゲインでの仮想通貨投資ですが、こちらはいわゆる「取引所」を使って仮想通貨の売買することで儲ける手段が当てはまります。例として、100,000円で10ETHを買い、イーサリアムの価値が2倍となったタイミングで、10ETHを200,000円で売った場合などです。

では仮想通貨投資におけるインカムゲインとは何でしょうか。こちらは「POSマイニング」「レンディング」、そして「HYIP」はこちらに当てはまります。

ここから先は、「仮想通貨におけるインカムゲイン」というテーマで説明していきます。

2.仮想通貨におけるインカムゲイン

先ほど説明しましたキャピタルゲインとインカムゲイン、仮想通貨においてはどのように分類されているかを理解していただけたことかと思います。それでは仮想通貨におけるインカムゲインではどのようにして利益を得ることになるのか、それぞれ軽く説明していきたいと思います。

「POSマイニング」

まず「POSマイニング」ですが、こちらは「Proof Of Stake」の略で、直訳だと「賭け金の証明」となります。こちらはずばり、持っているだけで通貨が増えていきます。指定のPOS通貨を持つことで自動的にマイニングが行われ、持っている通貨の量が多いほどマイニングされる量も増え、つまり複利で仮想通貨を増やすことが出来るのです

しかし、簡単で素晴らしい方法に思えるこの投資手段にも欠点はあります。あまりに楽に増えるため、POS通貨を手放す投資家が少なく、市場の流動性に欠け、通貨自体の発展が中々進んでいかないという点です。仮想通貨は市場での取引によって発展していくため、これから対策が必要となってくるでしょう。

「レンディング」

次に「レンディング」について説明します。レンディングとは「貸借」の意味があり、一般的には保有している通貨を一定期間貸し出して、金利を得る方法です。取引所や専門のサービスから利用できます。日本ではcoincheckがこのサービスを展開しています。

こちらも簡単に思えると思いますが、やはり欠点もあります。まず貸し出ししている間は売却が出来ないという点です。暴落してもどうにも出来ません。また貸し出しているサービス元の組織が破綻した際に返却されない可能性がある、という欠点もあります。ご利用の際は必ず信用できるサービスを選択しましょう。

「HYIP」

そして最初に名前を挙げた「HYIP」もインカムゲインに属する投資手段となっています。こちらは「High Yield Investment Program」の略です。日本語では「高収益投資プログラム」と言われます。こちらはよく「ICO」と比較される投資手段の一つです。

HYIPは組織の資金調達のために使われる方法です。HYIPにも様々な種類があり、集めた資金を様々な投資対象などに投資運用して、その収益を還元していると言われています。HYIPは少ない資金でも大きく稼げる、高利回りな配当金を特徴としています。一ヵ月当たり30%、一日当たり1~5%、などという破格の案件も多く存在しています。

しかしながらHYIPは、大変リスクの高い投資方法です。まず預金ではないため、元本の保証がありません。投資した翌日に破綻、というパターンもあり得ます。また運営状況によって急に出勤できなくなったり、突然サイトが閉鎖される可能性もあります。そして最初から騙す目的で作られた詐欺サイトも多く存在しています。

このようにいくつもの高いリスクが存在している案件がHYIPです。投資の際はなくなっても困らない資金から、分散して投資し、早い段階で元本の回収をすることがHYIPで損をしにくくなるポイントです。

以上のようにいくつものインカムゲインが存在している仮想通貨ですが、説明したようにリスクのないものはほとんどありません。必ずご自身でよく調べた上で、自己責任で投資をしてください。

長くなりましたが、次の項目ではついに「ICO」についてご説明させていただきます。これまでの説明をお読みいただいたことで、「ICO」のシステムや利点、欠点を理解していただきやすくなると思います。

「ICO」とは

「ICO」とは、「Initial Coin Offering」の略で、直訳では「新規仮想通貨公開」とされています。また、「クラウドセール」、「トークンセール」などとも呼ばれます。

株式で行われる「IPO」の仮想通貨バージョンのようなもので、企業が仮想通貨を新しく発行し、資金を集める方法です。

目的としては、「資金調達」「通貨として普及させ、価値を持たせること」「お金儲けの仕組みをつくること」などが挙げられますが、基本的には資金調達です。

2013年に「Master coin」という通貨により初めて実施され、その後2014年に「Ethereum」で実施、2015年には「Auger」で実施、続々と「ICO」を実施する通貨は増えていきました。初めて大型の「ICO」として成功を収めた通貨が、先ほど登場した「Ethreum」です。開始12時間で3700BTC(当時約2400万円)を調達し、最終的には42日間で31,500BTC(当時約16億円相当)の調達に成功しました。そして現在では仮想通貨時価総額第2位つける通貨へと発展しています。

では「ICO」とはキャピタルゲイン、インカムゲインどちらに属することになるのでしょうか。こちらは案件によって異なることになります。配当型の案件や、株主優待のようなサービスを受けられる案件も多く存在しているためです。またサービス、プロダクトが成功した場合、大きな売却益を得ることが可能です。つまりキャピタルゲイン、インカムゲイン、どちらの要素も持った投資手段となります。

この時点で既に他の投資手段との違いにお気付きの方もいらっしゃると思いますが、いくつかの手段と比較してみましょう。

仮想通貨以外の投資手段との比較

まず仮想通貨以外の投資手段と比較してみましょう。株式で行われる「IPO」との違いですが、「ICO」では未上場企業でも第三者を介さずに巨額の資金を世界中から、短期間で集めることが可能です。また「ICO」ではIPOのように議決権や株主優待等の権利はありません。

また「クラウドファンディング」とも似ているように感じますが、「ICO」では発行された通貨を、出資を募ることで完成したサービスやプロダクトで利用できる点や、通貨自体を売買できる点等が異なります。またクラウドファンディングでは出資に対するリターンは一度きりですが、「ICO」では通貨保有していることで、継続的にリターンを得ることが出来ます。

仮想通貨における他の投資手段との比較

それでは仮想通貨における他の投資手段との比較をしていきましょう。既存の通貨の売買との違いですが、「ICO」では新規の通貨を購入することになるため、サービスやプロダクトが成功した場合、一般公開された直後から大きな売却益を得ることが可能となります。一般公開された直後に価格が大きく跳ね上がることもあるため、早く入手することで得られるアドバンテージは大きいでしょう。

次に、同じ資金調達を目的とする「HYIP」との違いについて説明します。HYIPでは調達した資金額に対して配当が支払われますが、この点は「ICO」でも案件によっては、配当金が支払われるシステムが実装されております。一番の大きな違いは通貨の発行の有無です。資金調達の際に発行された通貨は、資金調達が完了した後も利用できるのです。HYIPでは資金調達終了後に得ることができるリターンはありません。

ここまで「ICO」について説明させていただきました。この後は「ICO」の流れと、まとめとして、メリット、デメリットについて説明させていただきます。

「ICO」の流れ

「ICO」によって資金調達をする組織が事業概要、進捗状況を随時公開

(ビジネスモデルやトークンデザイン等の事業概要の公開、HPやブログなどによる進捗やニュースの発表等があります。)

「ICO」の概要を発表

(セール期間、通貨の配布総量、通貨の配布方法、プレセールの有無、交換レート、調達上限などの発表があります。)

「ICO」の実施

(実施期間中も随時進捗やニュースの発表等があります。)

ICO終了

(トークンセールの結果、取引所への上場に関する情報などの公開があります。)

大まかではありますが、以上が「ICO」の流れとなります。それでは「ICO」のメリット、デメリットをこの後まとめていきたいと思います。

「ICO」のメリット、デメリット

それではここから「ICO」のメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

メリット

  • 発行された仮想通貨を通貨として利用できる。
  • サービスやプロダクトが成功することで、通貨の大きな売却益が得られる。
  • 案件によっては、株主優待のようなサービスや、配当金を得ることができる。

以上が「ICO」のメリットとなります。メリットについてはこれまでに少しずつ説明させていただきましたことが、デメリットについては、恐らく本記事にて初めてご説明させていただくことと思います。以下が「ICO」のデメリットとなります。

デメリット

  • 投資した資金を持ち逃げされる可能性がある。
  • システムエラーによる取引、プロジェクトの中断
  • 情報の取得の難しさ

投資である以上デメリットは必ず付き纏うものです。それは「ICO」ももちろん例外ではありません。「ICO」では資金調達をする組織側の「目標資金達成」「仮想通貨取引所への上場」「製品の完成」「通貨の流通」等、数多くの条件を達成して、初めて利益を得ることが出来るのです。詐欺案件も多く存在しているため、極めて注意深く情報を得る必要があるでしょう。他の投資手段と同じく、「ICO」にもまだまだ多くの問題点があるように思えます。

さいごに

ここまで様々な視点から「ICO」についてご説明させていただきました。ここまでのまとめとしてわかったことは「仮想通貨投資は怖いもの」ということです。まだまだ法整備が整っていない部分も多く、詐欺に引っかかったお話や、大きく損失を出したというお話もよく耳にします。しかし仮想通貨投資をしないほうがいい、というわけではありません。

今後投資の中心が仮想通貨になることも、通貨の中心が仮想通貨になることも、「ICO」によってこれから生まれる通貨が時価総額第1位になることもあり得るのです。その機会を捨てる必要はないと思います。大切なのは正しい情報の入手と選択、そして自己責任の精神だと思います。細心の注意をして投資をしていきましょう。

今後、仮想通貨の世界はまだまだ広がっていくでしょう。そんな仮想通貨への投資はとても夢のある世界ですね。今後も興味深い投資案件が増えていくことを筆者は楽しみにしております。