なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    365,355円

  • ETHETH

    9,525.1円

  • ETCETC

    406.94円

  • LTCLTC

    2,668.2円

  • BCHBCH

    9,183.3円

  • XRPXRP

    32.524円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.8985円

ブロックチェーン技術は社会にどのように活用されていくのか

ビットコインの中核として生み出されたブロックチェーン。今では社会をより便利にする技術として、仮想通貨だけではなくさまざまな分野で注目されています。

とはいえ、

  • そもそもブロックチェーンってどういったものなのか?
  • ブロックチェーンによってどういったことができるようになるのか?

と思われる方も多いと思います。

そこで今回は、ブロックチェーンについてよく分からない人に、ブロックチェーンとはどういったものなのか、それは社会にどういった影響を与えていくのかを解説いたします。

できるだけ丁寧にわかりやすく解説いたしますので、ぜひ記事を読んでみてください。

そもそもブロックチェーンとは

2009年にナカモトサトシによってビットコインは開発され、ビットコインの中核を担う技術としてブロックチェーンが生み出されました。ブロックチェーンは、中央管理者が存在せず取引履歴は誰でも参照することができ、一度記録された取引は改ざんすることができません。これまでの政治や金融機関といった中央集権的な管理者は存在せず、世界中のネットワークに参加した人々がお互い監視することで不正や改ざんを防いでいます。それではブロックチェーンの特徴を見ていきます。

ブロックチェーンの4つの特徴

1.誰もが取引履歴を参照できる

ブロックチェーンに記録された取引履歴は誰でも参照することが可能です。誰でも参照できるということは、透明性も高く不正や改ざんにも気づきやすいということです。

2.不正や改ざんができない

分散して管理されているデータは、ネットワークに参加している世界中のコンピューターがお互いを監視しています。不正や改ざんをするには膨大な計算を処理する必要があり、非常に困難とされています。

3.分散型自律組織

取引履歴を一つにまとめて集中的に管理する従来のものとは違って、世界中に存在するコンピューターによって分散的に管理されています。ノード(端末)が停止してしまっても他に参加しているノードがあればそのブロックチェーンシステムは稼動し続けます。

4.トレーサビリティ

ブロックチェーンが運用されてから、ブロックチェーンに記録された取引履歴は全て保管されています。これまで記録された取引履歴はいつでも参照することができるので、データの追跡機能は優れているといえます。

 

いかがでしたでしょうか。ブロックチェーンについて簡単にまとめてみました。次はこのブロックチェーンの特徴を応用してどういった分野に利用されていくのか見ていきましょう。

ブロックチェーンが応用される分野

物流システム

これまで生産者から消費者まで物品を届けるまでに、複数の工程が存在し仲介業者を挟む必要もありました。それぞれのデータはバラバラに管理され物品情報の管理はより複雑化していきました。また複雑になっていくことでデータの消失や改ざんを引き起こしていることにもつながっています。しかし、ブロックチェーンを応用することで消費者とメーカーを直接つなぐことができるようになります仲介業者を通す必要がなくなるのでコストを抑えることもできます

またブロックチェーンの特徴の一つであるトレーサビリティが高いことは物流システムと相性が良く、生産者から送られる物品データは正確なものになり消費者はいつでもそのデータを参照することができます。

 

すでに企業は物流システムにブロックチェーンを組み込む方向に動いています。アメリカの小売大手のウォルマートは、ブロックチェーン技術を活用した物品の出荷をサポートする「スマートパッケージ」を発表しています。スマートパッケージは、荷物の中身や出荷する場所などの詳細情報をブロックチェーンに記録することで簡単に追跡できるようにします。スマートパッケージの実装には自動運転車やドローンでの活用が想定されていて、すでに将来を見据えたサービスとなっています。

またウォルマートはIBMとも提携しており、リコールで返品された食品を自社の製品リストから削除することで二次被害を防ぐシステム開発を行っています。

音楽

音楽市場はこれまでシングルやアルバムの売り上げが多くを占めていましたが、現在では売り上げの半分がインターネットからのダウンロードとストリーミングで構成されています。こういった変移でアーティストの収益構造は複雑化しており、アーティストが適切な使用料を受け取れていないことが問題となっています。現在、楽曲使用料のルールについては厳格に決まっていないところもあり、最近ではJASRACという著作権保護団体が音楽教室で使用する楽曲にも使用料を取るとして一時期話題になりました。

ブロックチェーンが音楽分野で使用されることで、楽曲を使用するたびにブロックチェーンに履歴を残るようにすれば、楽曲を使用した人間を追跡できるようになり、楽曲使用についてより厳格なルールを設けることができます。さらに、取引履歴に楽曲を保管することで楽曲の著作権を保護することにも役立ちます。

 

さらに、アーティストのライブチケットなどは全て電子データに変えることもできます。取引履歴にチケットIDを紐付けておけば、そのチケットは本人しか利用できないようになります。一部の人間による独占や高額でチケットを転売される問題を防ぐことができます。

ブロックチェーンによってこれまで徹底できなかったアーティストの保護を行えるのは将来的にも大きいことです。

 

音楽業界では、2016年にオランダ出身の世界的に有名なDJハードウェル(Hardwell)がブロックチェーン上で新曲を発表したことで話題になりました。ファンは楽曲を購入することで、著作権情報や購入情報がブロックチェーンに記録され、記録された内容はスマートコントラクトによってレーベルや制作者に円滑に収益が分配される仕組みとなっています。

医療分野

ブロックチェーン技術は医療分野にも大いに役立つとされています。まず電子カルテやPHR(Personal Health Record)などの医療記録です。ブロックチェーンに記録された医療情報はさまざまな医療機関で共有することができ、より安全で効率的に患者に対応できるようになります。

ブロックチェーンを活用することで、医療情報を偽造や消失から守ることができ、暗号化技術によって安心安全に保管することもできます

また電子カルテには「A医者がカルテを作成した」「患者BがA医療機関にカルテのアクセス権限を与えた」などの履歴情報を記載していくこともできます。これによって電子カルテの不正アクセスを防ぐことも可能になります。

 

医薬品のサプライチェーンも重要視されてきました。医薬品には安全性に多くの手間やコストをかける必要があり、物流のなかで模造品や不良品が混ざってしまうことは避けなければいけません。ブロックチェーンに記録された生産者の物品データは安全性と正確性が保障されており、万が一混ざってしまうことがあればシステムがすぐ見つけてくれるようになります。

 

医療分野ではIT技術に先進的な北欧のエストニアがブロックチェーン技術をいち早く導入しています。電子カルテは医療機関で共有できるようにしており、医療の質や安全性を向上する仕組みとなっています。

このエストニアのような取り組みは日本でも実験的に行われているようです。

具体的には、FDCの協力を得て福岡市域の医療機関と連携し、傷害保険金請求書に記載の医療機関に対し、ブロックチェーンを通じて入通院期間などの医療情報の提供を要求し、データ連携基盤を通じて医療情報等のデータを受領することで、医療情報に対するセキュリティを確保しつつ、保険金支払業務の簡略化、迅速化が可能かを検証します。

出典 http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/170124_001.pdf

医療分野では、これまで正確性や安全性にコストや手間をかけていた医療業務を、ブロックチェーン技術を活用して効率的にこなせる仕組みを目指しているようです。

予測市場

これまでギャンブルやスポーツブックなどの予測市場では、胴元側が有利な仕組みとなっていました。そこには参加者たちが分からないような不正や改ざんが行われており、意図的に参加者が稼げないようにシステムを組まれているところもありました。これをブロックチェーンを活用することで、透明性の高い公平な予測市場を提供できるようにしていきます。賭け事はブロックチェーンに記録され一度行った賭けは取り下げることはできません。これによって透明性の高い賭けを参加者に提供できるようになります。

 

Augurは、ブロックチェーンだけではなくあらかじめ決めておいた取引を自動的に行うことができるスマートコントラクトを活用することで胴元が介入しない賭けの場を提供することを目指しています。胴元が介入しないことで、胴元に支払う手数料が不要になり配当も自動的に支払われます。参加者にとっては公平であり、透明性の高い賭け事が行えるようになります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ブロックチェーン技術がどのように社会に活用されていくのか少しでも知っていただけるとうれしいです。上に挙げた分野はほんの一部であり、ブロックチェーンはもっと多くの分野で注目されています。たとえばシェアリングエコノミーやEコマース、IoT(Internet of Things)の分野などです。多くの場所で技術者が必要とされていますが、圧倒的に足りてないのも事実です。多くの企業や組織がブロックチェーンの技術者を囲っていて、取り合いにもなっていると聞きます。それぐらいブロックチェーンエンジニアが不足しているのです。需要はあるのでブロックチェーンエンジニアを目指してみるのもありなのではないかと思います。

ご覧いただきありがとうございました。