なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    371,419円

  • ETHETH

    9,831.8円

  • ETCETC

    422.48円

  • LTCLTC

    2,932.8円

  • BCHBCH

    9,276.3円

  • XRPXRP

    32.874円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9430円

そもそもスマートコントラクトとは。活用事例もご紹介します!

みなさんスマートコントラクトとはどういったものかご存知でしょうか。仮想通貨には専門用語が多く使われており、理解するのも一苦労ですよね。スマートコントラクトってよく耳にしますが分からないという方が多いと思います。

そこで今回は、スマートコントラクトについてできるだけわかりやすく解説したいと思います。この記事を読むだけでスマートコントラクトとは何かを理解できると思いますよ。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、その名のとおりスマートなコントラクト(契約)のことです。ここでは書面上で交わす契約ではなく、取引全般のことを指します。スマートももっと分かりやすくいうと自動化という言葉が当てはまります。つまりスマートコントラクトとは契約(取引)の自動化ということです。

契約の自動化とは一体何なのかというと、契約を交わすときには4つの行程があります。

  1. 契約内容・条件の確認
  2. 契約成立
  3. 契約の履行
  4. 成約

契約を行う際のこの4つの行程を自動的に行うことです。たとえばみなさんが賃貸を借りたいと思ったときに印鑑や書類の多さにうんざりしたことはありませんか? スマートコントラクトはそういった面倒な作業を自動化にしてなくしてしまうことでスムーズに取引できるようになる技術ということです。

仮想通貨の情報を追っている人であればスマートコントラクトの名前を聞いたことがあると思いますが、もともとスマートコントラクトはビットコインが開発されるよりも前に考案された概念で、1994年にNick Szaboという暗号学者によって提唱されました。Nick Szaboはスマートコントラクトを初めに形成した例として、自動販売機を挙げています。自動販売機があればレジを待つ必要もありませんし、バーコードを読み取る作業もしなくてよくなります。お金を払ってボタンを押すだけで商品を提供してもらえるのがスマートコントラクトで実行しているということなのです。

次はスマートコントラクトのメリットについて解説します。

スマートコントラクトのメリット

契約内容が変更できないので不正や改ざんされない

スマートコントラクトはブロックチェーン上にコードが書かれます。ブロックチェーンとは分散型台帳技術と呼ばれるもので、一度台帳に記録した取引は永久に変更することはできない特徴があります。このブロックチェーンの技術を利用することで一度交わした契約は不正や改ざんがされないようになります。そして、過去の取引記録は誰でも確認できる透明性も備わっています。

自動化によって第三者が不必要となる

従来の契約において、不正や改ざんを防ぐためにも仲介業者をはさむ必要がありました。仲介業者をはさむ場合にはその分のコストを支払わなくてはいけませんし、契約が完了するまでに時間もかかってしまいます。しかし、スマートコントラクトによって契約条件が揃えば自動で執行されるので仲介してもらう必要もなくなります

スマートコントラクトのデメリット

契約内容が変更できないので小回りが利かない

契約内容が変更できないのは逆にデメリットにもなりえます。一度ブロックチェーン上で取引を記録してしまうと変更することができないので、途中で何か問題が起こっても対応できません。事前に対処を施しておくことはできますが、仮想通貨はまだまだ実験的な側面が強く予期せぬ問題が突然起こったりします。

The DAO事件

The DAO事件とは、スマートコントラクトを利用した投資ファンドThe DAOがICOで集めた一部、80億円分のイーサリアムを何者かによって盗まれるという事件です。この件はイーサリアムに何の問題もなく、The DAOがイーサリアムブロックチェーン上に書いたコードの致命的なバグがあったからです。多額のイーサリアムが盗まれてしまいましたが、幸いにもThe DAOのシステムを利用したDAOアドレスの資金は27日間は移動できないという機能のおかげで資産を分散させられることもありませんでした。

しかし、一度盗まれたものは取り返すことができないのが仮想通貨なので、結果としてイーサリアムはハードフォークを実施するという選択肢を選びました。ハードフォークを行ったことによって、80億円分のイーサリアムが送金される前までに遡って不正が行われた事実は何もなかったことになりました。このハードフォークによって新しく発行されたのが、イーサリアムクラシック(ETC)で、ハードフォーク反対派によって開発が進められています。

スマートコントラクトによってできること

DApps(分散型アプリケーション)

DAppsとは、中央管理者が存在せずに、ユーザーがいつでもサーバーにアクセスでき開発にも参加できるアプリケーションのことです。これまでには1500種類以上のDAppsが作られています。

DAppsの定義

David JohnstonはDAppsを次のように定義しています

  • 完全なオープンソースであること
  • アプリケーションのデータと操作記録はブロックチェーンに格納する必要がある
  • トークンを発行しなければならず、貢献したユーザーには報酬を支払わなければならない
  • アルゴリズムにしたがってトークンを発行しなければならない

https://github.com/DavidJohnstonCEO/DecentralizedApplications

以上を満たしたものがDAppsと定義されます。

DAppsの特徴

中央管理者が存在しない

GoogleやTwitterには中央管理者が存在していますが、DAppsには中央管理者が存在せず参加しているユーザー全員が管理者となります。ユーザーたちは手軽に開発に参加できるのでユーザー目線からの意見も反映しやすくなります。

不正や改ざんが行えない

もちろんDAppsにもブロックチェーンの技術は使われており、トークンを盗んだりゲーム内ポイントを改ざんすることはできません。

現在登場しているDApps

ここで現在開発されているDAppsを紹介していきます。

Augur

胴元が不必要で透明性の高い予測市場を作るために開発された分散型未来予想プラットフォームです。スマートコントラクトによって、

  • 誰でも簡単に賭け事に参加できたり
  • 誰でも簡単に賭けの対象を作れたり
  • 胴元を介さず自動的に配当を得ること

ができるようになります。胴元が儲けるのではなく参加者全員が公平な仕組みを作ることを目指しています。

Waves

法定通貨との交換や送金機能に重点を置いた分散型金融プラットフォームです。WavesプラットフォームでICOを行うことができ、トークンが安価で簡単に発行できます。発行されたトークンはWavesの分散型取引所に自動的に上場されるので、取引所に上場するために巨額なコストを支払う必要がありません。

imbrex

ブロックチェーンとスマートコントラクトを利用した不動産取引サービスです。ブロックチェーンとスマートコントラクトによって不動産業者を仲介する必要がなく不動産を取引できます。

CryptoKittes

ゲーム内の猫のキャラクターを育てたり集めたりして遊べるゲームです。ゲーム内のマーケットでネコの取引が個人間で行えます。スムーズに取引できるようにスマートコントラクトが採用されています。

DAO(分散型自律組織)

DAOは、特定の国や組織に属さず、スマートコントラクトにより規定されたルールに従って執行します。DAOはいわゆるスマートコントラクトの集合体みたいなもので、ビットコインが世界で初のDAOの実用例です。ビットコインは中央管理者が存在せず、世界中に存在する不特定多数のマイナーたちによって運営されています。ビットコインのルールを変えるためにはネットワークに参加している半数以上の賛同を得る必要がありビットコイン自体に権力はありません。ビットコインは、自動的に機能し続け、なくなることはありません。

IoT(Internet of Things)への応用

IoTとは、簡単にいうとモノとインターネットを繋ぐことです。最近出たものであればスマートスピーカーがあります。自分の声に反応して電気を消してほしければ「電気を消して」と、テレビをつけてほしければ「テレビをつけて」とお願いすればサポートしてくれます。このスマートスピーカーにもブロックチェーンやスマートコントラクトが組み込まれると、仕事の書類が不必要となりペーパーレス化となります。

さらには自動車にもブロックチェーンとスマートコントラクトの技術が組み込まれます。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=2rLNbd6MQXg

2015年にDocuSignがYoutubeで公開した動画にはブロックチェーンやスマートコントラクトを利用して車のリース契約から保険の契約、決済までを円滑に行っている様子が伺えます。従来であれば契約する書類がたくさん必要ですが、スマートコントラクトによって第三者が必要なく、画面をタッチするだけで自動的に契約できるのは見ていてとても興味深いです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=8HDy1ZIGg78

同じく2015年にクレジットカード会社Visaが発表したのは、自動車に乗りながらネットワークに接続しアプリを利用してモノが買えたり店を予約できるようになります。これを利用すると、お店に行く前に事前に注文し、お店につく頃には商品をすぐに受け取れるようになっています。さらに登録しておいたクレジットカードで決済も済んでいます。

 

IoTは自動車だけではなく医療やエネルギー、小売の分野にも規模を拡大しています。これからますますモノとインターネットが繋がっていき新しいモノやサービスが登場していく未来になっていきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。この記事を読んでスマートコントラクトについて少しでも理解していただけるとうれしい限りです。これからはスマートコントラクトだけではなくブロックチェーンやAIの技術もどんどん進歩していきます。技術の進歩によって便利になったり生活がしやすくなったりするでしょうが、ロボットやテクノロジーに人間が脅かされる日も近づいてるのかもしれません。SFの映画でしたが、DAOがAIによって動かされて機械が人類を殲滅してしまおうとする映画がありましたね。そんなことが本当に起きるのかはわかりませんが、仮想通貨にとって明るい未来になってほしいです。

ご覧いただきありがとうございました。