なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    369,239円

  • ETHETH

    9,612.7円

  • ETCETC

    417.84円

  • LTCLTC

    2,703.5円

  • BCHBCH

    9,072.4円

  • XRPXRP

    32.819円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    6.9780円

一番安全!?ハードウォレットの使い方

CoinViewでは以前、仮想通貨を保管するためのウォレットについて紹介しました。今回は、そのひとつの「ハードウェアウォレット」に注目します。

ウォレットとは何か

ウォレットの役割

「ウォレット」とは、購入した仮想通貨を保管するところです。これを利用して、仮想通貨の送金や決済を行うこともできます。仮想通貨の保管は、bitFlyerなどの取引所でも可能です。しかし、取引所では決済まで行うことはできず、また、取引所の破綻といったリスクを考えると、ウォレットでの仮想通貨の保管がおすすめです。

ウォレットの種類

ウォレットには、いくつかの種類があります。

  • 自分のパソコンにダウンロードして利用する「デスクトップウォレット
  • オンライン上のウォレットである「WEBウォレット
  • USB端末のかたちをした「ハードウェアウォレット
  • 紙ベースの「ペーパーウォレット

4種類に分類されます。

オンラインで使用する「WEBウォレット」(「ホットウォレット」)に対して、「デスクトップウォレット」、「ハードウェアウォレット」、「ペーパーウォレット」はオフラインで使用できる「コールドウォレット」になります。

以上4種類のウォレットのうち、今回は「ハードウェアウォレット」の特徴と使い方を紹介します。

ハードウェアウォレットとは何か

ハードウェアウォレットの特徴

 

ハードウェアウォレットは、写真のようにUSB端末のかたちをしています(写真はLedger社のLedger Nano S)。

主なハードウェアウォレットとして、「Ledger」社や「TREZOR」社のハードウェアが挙げられ、価格は1万円から3万円程度です。

その中でも特に有名なのが、Ledger社の「Ledger Nano S」とTREZOR社の「TREZOR」です。CoinViewの他の記事でも紹介したように、それぞれ保管できる仮想通貨の種類が若干異なります。

Ledger Nano Sでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンなど

TREZORでは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークン、ライトコインなど

を保管することができます。よって、ハードウェアを選ぶ基準のひとつとして、保有している仮想通貨の種類も挙げられます。

すでに述べたように、ハードウェアウォレットでは仮想通貨をオフラインで保管するため、ハッキングなどのリスクを抑えることができるのが大きな特徴です。

また、同じコールドウォレットでも、デスクトップウォレットではパソコン本体の故障やウィルス感染、ペーパーウォレットでは破損や紛失といった欠点が考えられますが、ハードウェアウォレットはそのような心配をする必要がありません。

ハードウェアウォレットの仕組み

USB端末のかたちをしたハードウェアウォレットに仮想通貨を保管する、というと、購入した仮想通貨に関するデータがハードウェアウォレットの中に保存されるというイメージを持つかもしれません。

しかし実際には、仮想通貨のデータそのものではなく、「秘密鍵」(もしくは「リカバリーフレーズ」)を暗号化したデータが入っています。

「秘密鍵」とは、仮想通貨の送受金の際に仮想通貨のアドレスである「公開鍵」とともに必要とされるものです。この「秘密鍵」をハードウェアウォレットに保存することによって、インターネット環境から切り離しておける、つまり、より安全に仮想通貨を保管できるのです。

「秘密鍵」についてもう少し説明を加えると、ひとつのハードウェアウォレットで鍵を使い分けられるハードウェア本体をなくしても鍵があれば他のハードウェアを使用してコインの管理ができる(つまり、ひとつの秘密鍵を使って他のハードウェアウォレットからアクセスが可能)、といった特徴があります。これは、ハードウェアウォレットを使用する利点にもつながります。

他方、この鍵を紛失すると仮想通貨を利用できなくなります。この場合、取引所やハードウェアウォレットのメーカーなどに問い合わせても解決できません。よって、ハードウェアウォレットの使用設定をする際に、秘密鍵をどこかに書き留めて大切に保存する必要があります

ハードウェアウォレットの使い方

ハードウェアウォレットの使用設定

ハードウェアウォレットは独特な形状であるため、慣れないうちは使い方に戸惑うかもしれません。

よって、使用する際には、付属の取扱説明書をよく読んで理解する必要があります。それと同時に、仮想通貨の送受金方法等も取引所のホームページなどであらかじめ知っておかなければなりません

ハードウェアウォレットを使用する際の注意点は

  • 購入したハードウェアウォレットの初期設定は必ず自分で行う
  • ハードウェアウォレットの使用に必要なPINコードと秘密鍵をなくさない

といったことです。

初期設定、PINコードの設定、秘密鍵の書取が済んだハードウェアを購入して仮想通貨の保管を始めたところ、何者かにコインを盗み取られたという犯罪が発生しています。

これは、ハードウェアの購入者が仮想通貨の保管を始めた段階で、何者かが秘密鍵を利用して他のハードウェアからその仮想通貨にアクセスし盗み出したということです。

つまり、このハードウェアウォレットがすでに他人の物であった(=使用するための設定が済んでいた)ということを意味します。

このように、ハードウェアウォレットの仕組みの弱点をついた犯罪が起こっている一方で、ハードウェアの使用方法をよく理解することで、こういった被害を防ぐことができます。

また、正規販売店など信頼できる店から使用設定が済んでいない新品のハードウェアを購入することも、このような犯罪に会わないために重要です。

ハードウェアウォレットへの入金

ハードウェアウォレットを使用できる状態にしたら、実際に仮想通貨を入金しましょう。

具体的な使用方法はハードウェアによって若干違いがありますが、

  1. はじめにパソコンやスマートフォンで、購入したハードウェアウォレットのページを開いて、USBでハードウェアを接続します。
  2. そして、あらかじめ設定しておいたPINコードをハードウェアに入力します。
  3. そうすると、パソコンもしくはスマートフォンの画面上にウォレットが開きます。
  4. あとは、画面の指示に従って、保有している資産の確認や送受金を行います。
  • ハードウェアへの入金を行う場合は、受信を選択してbitFlyerなどの取引所からコインをハードウェアウォレットに送金します。
  • その際、取引所から送金についての本人確認のお知らせがあります。
  • 取引所からの指示に従って、ハードウェアウォレットへの仮想通貨の送金を済ませましょう。

ウォレットの使用が終わったら、ハードウェアをパソコンやスマートフォンから抜きます。

まとめ

今回は、ハードウェアウォレットについて取り上げました。

購入した仮想通貨をウォレットに保管することで、決済や送金が可能になり、取引所の破綻といったリスクを避けることができます。

また、ハードウェアウォレットはオフラインで仮想通貨を保管するため、セキュリティ面から信頼できるウォレットです。ハードウェアウォレットでは、ハードウェアそのものではなく保存されている秘密鍵が重要なので、デスクトップウォレットの場合に起こりうるパソコンの故障やウィルス感染の可能性、そしてペーパーウォレットのように破損や紛失の心配もありません。

一方、ハードウェアウォレットの仕組みや使用方法を十分に理解していないと、ウォレットに保管した資産を引き出せなくなったり、盗まれたりする危険性があります。このような危険を避けるために、PINコードと秘密鍵をなくさない中古のハードウェアを使用しない正規販売店からハードウェアを購入するといった点に注意しましょう。

さらに、ハードウェア自体がやや高額である点も考慮する必要があります。少額の仮想通貨を管理する場合は、他のウォレットを使用する方がよいかもしれません。

このように、ハードウェアウォレットの利点と注意点について納得したうえで利用しましょう。そうすることで、仮想通貨の管理がより便利になるでしょう。