なるほど!をお届けする仮想通貨情報メディア

  • BTCBTC

    387,697円

  • ETHETH

    10,037円

  • ETCETC

    444.69円

  • LTCLTC

    2,726.0円

  • BCHBCH

    11,687円

  • XRPXRP

    33.970円

  • LSKLSK

    0.0000円

  • XEMXEM

    8.0172円

今さら聞けない!仮想通貨用語 「ハードフォーク」とは?

仮想通貨に触れて過ごしているといろんな専門用語に触れる機会があると思います。よく聞くものだと、「ブロックチェーン」「エアドロップ」「マイニング」などがありますね。今回はそんな専門用語のひとつ、「ハードフォーク」についてお話したいと思います。「近日中にハードフォークがある」などと聞いても、よく聞く単語なだけに、「今さら聞けない…」と思っていた方もいるかもしれません。今回この記事を読んでいただければ、今後はきっとそんな思いをせずに仮想通貨投資をしていけるのではないかと思います。わかりやすく、丁寧にご説明したいと思うので、是非最後までお読みになってください。

ハードフォークの目的

「ハードフォーク」とは、簡単にいえば仮想通貨のアップデートになります。「ハードフォーク」と聞くと、おそらく分裂というイメージを持つ方も多いと思いますが、「ハードフォーク」は分裂の為に起こるのではありません。「ハードフォーク」の目的とは、技術の改善と、仕様の変更であり、主にスケーラビリティ問題を解決することにあります。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術が抱える問題です。ブロックチェーンでは、ブロックに記録される取引情報の正当性を証明のための処理によって、仮想通貨の安全性を保っています。しかし仮想通貨を利用する人が増えていくことで、取引の情報が増幅し、処理に時間がかかるようになってしまいます。そのために取引の遅延や、手数料の高騰などの問題が起こってしまうのです。その様な問題を解決するために、アップデートである「ハードフォーク」が必要になります。

それでは「ハードフォーク」の他に、「ソフトフォーク」というアップデートがあることはご存知でしょうか。これからその二つのアップデートの違いについてご説明したいと思います。

ハードフォークとソフトフォーク

ハードフォーク」と、その対義語となる「ソフトフォーク」。どちらも「フォーク」、つまり「分岐」という意味があり、ルールの変更をする方法です。ブロックチェーンの技術の改善、仕様を変更するためには、「ハードフォーク」か「ソフトフォーク」のいずれかの方法のアップデートをしていくことになります。この二つの方法では変更の仕方が異なってきます。まずはソフトフォークから見ていきましょう。  

「ソフトフォーク」では、ブロックチェーン上のすべてのブロックを変更していき、全体にアップデートをかけます。変わらないことを希望する人がいたとしても一切を変更し、すべてを生まれ変えさせてしまうことになります。そのため、全体をアップデートするソフトフォークでは、分岐後に一つの通貨に収束することになります。

それでは「ハードフォーク」は、どのようなアップデートなのでしょうか。「ハードフォーク」は、あるブロックで区切り、その先のブロックからアップデートをかけていく方法です。そのためアップデートをする前の旧ブロックと、アップデートをかけた新ブロックでの互換性はなくなってしまうのです。旧ブロックはそのまま残され、新しいブロックから変更されていくことになるため、旧ブロックも使い続けることが可能です。つまりここで別の二つの通貨として生まれ変わり、結果「分裂」することになるのです。これが「ハードフォーク」=「分裂」、と考える人が多い理由です。

「ハードフォーク」と「ソフトフォーク」、どちらも目的は技術の改善、仕様の変更なのですが、「ハードフォーク」のほうが注目され、認知されています。1つの通貨が新しく誕生することになる、「ハードフォーク」はどうしても目立ちますし、影響も大きいため、話題に上がりやすいのです。

過去の「ハードフォーク」

過去に起こった2つの「ハードフォーク」見ていきましょう。どのように仕様が変更され、改善されたのか、通貨の価値の変動についてもお話したいと思います。

「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」

まずは仮想通貨時価総額2位の「イーサリアム」で起こった「ハードフォーク」です。2016年の6月にイーサリアムは、「ハードフォーク」することになり、「イーサリアムクラシック」が新しく誕生しました。この「ハードフォーク」は、「the DAO事件」という事件がきっかけとなって起こりました。the DAO事件とは、イーサリアムのスマートコントラクトを使った「the DAO」というプロジェクトがハッキングに遭った事件のことです。スマートコントラクトは、通貨の中に埋め込まれたプログラムに契約条件を記録し、条件に沿った契約が履行された際に自動で決済や、サービスを提供してくれる、画期的なシステムです。様々な他通貨や、アプリ、プロジェクトに利用されています。the DAOもその内の1つのプロジェクトなのですが、この際に通貨に埋め込まれたプログラムの脆弱性を突かれ、約360ETHが盗難に遭ってしまいました。

その後、イーサリアムは「ハードフォーク」することで、イーサリアムが盗難に遭う前の状態に戻そうとしました。そのときに新しく誕生した通貨が「イーサリアムクラシック」なのです。イーサリアムクラシックは、イーサリアムよりもセキュリティや安定性が優れていると言われています。また現在では時価総額18位とかなりの市場規模となっています。

イーサリアムは「ハードフォーク」の際に一度価格が下落しましたが、今では先ほどお話したように時価総額2位の通貨となるほどに成長しました。間違えてはいけないのは、the DAO事件は、イーサリアム自体に脆弱性があった訳ではないということです。プログラムの中に脆弱性があっただけであり、イーサリアムのセキュリティはかなり堅牢なものとなっています。

「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」

2つ目にご紹介するのは、皆様ご存知、仮想通貨総額1位の「ビットコイン」で起こった「ハードフォーク」です。関係者の中で、ビットコインはスケーラビリティ問題についての対応策がしばしば対立します。その対立の結果の1つが、今回ご紹介する「ハードフォーク」です。この際に対立した対応策の内容は「取引の遅延について」です。このときに対応策は最終的に2案出されました。その2つの案とは「取引情報を記録するブロックの容量の拡大(1MB8MB)」と「取引情報の圧縮化」です。このときにビットコインは取引情報の圧縮化をアップデートとして採用し、また容量の拡大案を採用するために分裂し、新しく誕生した通貨があります。それが「ビットコインキャッシュ」というわけです。

このようにアップデートに対する意見が対立した場合にも、「ハードフォーク」が行われることがあります。また、このときにビットコインを所持していた人は、ビットコインキャッシュが付与されることになり、それを目当てでビットコインを購入する人が増え、ビットコインの価格は急騰しました。また、ビットコインキャッシュも現在時価総額4位と大変な市場規模となっています。

今回は目立ったこの2つをご紹介しましたが、「ハードフォーク」自体はかなり頻繁に起こっています。かならずしも分岐した通貨がどちらも発展しているわけではなく、この様にどちらも大きく発展し続けることは、大変困難なことだと思います。

ハードフォークのリスク

価格相場の急激な変動

ブロックチェーンが分岐した場合にも、より強いハッシュパワーが支持するブロックチェーンに収束する、とSatoshi Nakamoto氏の論文にも記載があるように、ハッシュパワーをも分散して、分裂した通貨での強弱が発生したり、片方が消滅する可能性があります。

また信用性の低下にもつながることがあります。「ハードフォーク」によって、どんなルールでも変更できるのであれば、発行上限枚数なども変更できることになります。「~のようなシステムが魅力で購入したのに!」という人もいる中で、そのシステムを変更することは致命的な信用の低下につながってしまうでしょう。

システムを変更することには大きなリスクが伴うのです。そのリスクを恐れた人々が通貨を手放すことで、価格の急落が起こることも十分に有り得ます。自分が保有している通貨の「ハードフォーク」の情報を入手した際には、こまめな情報収集をおすすめします。

取引の停止

アップデートにバグはつきものです。エラーやトラブルが発生する可能性は高めだと思ってもいいでしょう。バグが生じてマイニング報酬が無効になるという事件も実際にあったそうです。

取引所では、「ハードフォーク」によるバグの危険性を危惧し、当該の通貨の取引を、「ハードフォーク」実施の前後数時間停止します。もし「ハードフォーク」が決まった通貨を使った取引をする予定があるならば、「ハードフォーク」が実施される前に済ませてしまったほうが無難でしょう。

ハードフォーク情報の入手方法

これまでに説明させていただいたように、「ハードフォーク」の際は注意が必要です。一時的にしても、価格の急落や取引の停止は、人によっては大きな損害となってしまいます。そのため「ハードフォーク」の情報は、事前に入手しておきたい方が多いのではないのでしょうか。そんなときには、「Cryptocurrency Calendar」がおすすめです。こちらでは仮想通貨に関するイベントの登録、検索ができます。検索方法は、イベントの種類、日付、通貨の銘柄から選ぶことができます。

「ハードフォーク」の予定を検索するだけならば、「UOCOMING EVENTS」という項目を選び、「CATEGORIES」の中から「FORK/SWAP」という項目を選択するだけで、今後の「ハードフォーク」の予定が一覧で表示されます。またこのサイトでは、リブランディングやバーンの予定なども確認することができるので、様々なシーンで活用してみてもいいかもしれません。

さいごに

     

ここまで「ハードフォーク」の概要や歴史、影響についてお話させていただきました。そんな中で、結局「ハードフォーク」は良いことなのか、果たして悪いことなのか疑問を持つ方もいると思います。しかしこれに関しては一概になんとも言えません。現状では、賛成派の人も、反対派の人も多く存在しています。「ハードフォーク」をしなければ、通貨が発展しないこともありますし、必要なケースは必ずあります。しかし「ハードフォーク」によって起こる市場の混乱は、避けられませんから反対派の方の意見も決して間違いではありません。そこで筆者が大切だと考えているのは、「自身がハードフォークによる混乱に巻き込まれないこと」です。自分から情報を取りにいき、今回起こる「ハードフォーク」は一体どういった内容なのか、日程はどうなっているのかなど、しっかりと把握していることが大切です。そうすることで他人の情報に惑わされずに済み、リスクを最小限に抑えることが可能です。間違った情報に流されないように注意してください。

今回の記事はいかがでしたでしょうか。最後までお読み戴き、ありがとうございました。